発送用に動物を梱包している際、シカの右後ろ脚に小さな傷を見つける。

こんな時は緊急オペです。

c0324443_21513474.jpg



















刺繍を施し、若草色のアンクレットを付けた唯一無二のシカになる。


自分の展示は終わったものの、所用で「すぐり」に顔を出すと

次の展示「ハレの日のおくりもの展」が始まっていました。

大正時代の染付の器に惹かれ 購入。この深鉢の縁には金継ぎが。

c0324443_19571320.jpg



















傷のもの 欠けたものは、ちょいと手を加え修理をすると味わいが増し、

ぐんと愛着がわくのですよね。








[PR]
# by kucha-mi | 2017-11-30 23:40